本文へスキップ

長崎市に隣接した西彼杵
半島の歯科医師会です。

会の活動activity

平成30年度

6月3日(日)
歯っぴいスマイルフェスティバル in 西彼








「歯っぴいスマイルフェスティバルin西彼」を開催しました。  雨が降る中、来場者が減るのではないかと心配しましたが、約1,000名の方々が おこしになりました。来場者には、口や歯の健康に関わる5つの問題にラリー形式で 挑戦する、クイズラリーの参加用紙を、入場ゲート前で配布しました。 また合わせて本日のイベント内容について紹介をしました。
 クイズラリーでは、来場者が園内を巡りながらクイズを楽しめるように各5つの地点に設置した口腔に関する問題の解答を、参加用紙に記入していただき、出口付近にて、解答用紙と引き換えに、歯ブラシとフロス、デンタルミラーをプレゼントしました イベントの中で、ひときわ盛り上がりを見せたのが、例年、素敵な景品の当たる「クイズバトル」でした。これは口や歯の知識や健康等にちなんだ問題を出題し、参加者にYes/No形式でロープに区切られた左右に分かれてもらい勝ち抜きを行うゲームです。今年は参加者全員に参加賞も準備されました。クイズは順調に進み、最後まで勝ち残った、15人弱の方々で決勝戦を行いました。決勝戦は近似値クイズで、問題は平成28年における、全国の8020達成者率!正解の51.2%に対して、最も近い数字を書きあてた、長崎市在住の小さなお子さんを抱っこして参加した30歳代女性の方が見事優勝し、商品の任天堂スイッチをGetしました。今日は家族で遊びにきたとのこと、「まさか優勝するとは思いませんでした!」と、喜びいっぱいの様子でした。決勝戦には多くの子供たちも勝ち残り、クイズ大会は盛況のうちに幕を閉じました。 「カバといっしょに歯磨きを学ぼう!」のコーナーでは、飼育係の方が特大の歯ブラシでカバのモモちゃんの歯磨きに挑戦!また、興味深く見学する子供たちに村富隆太先生より正しい歯磨きの方法についての説明がありました。そしてなんと今回は、先生ご自身もカバのブラッシングに挑戦!最初は嫌がるカバのモモちゃんでしたが、先生の抜群のテクニックによりなんとか無事に歯磨きを終えました。
 今年も例年同様、県歯科衛生士専門学校の2年生と県歯科衛生士会の方々にもお手伝いをいただきました。来場者それぞれのお口に合った歯ブラシを選んで差し上げる「歯ブラシソムリエ」コーナー、現在県下で推進をすすめている「フッ化物洗口」を実際に体感していただくコーナー、問診等による歯科検診「生活歯援プログラム」コーナー等が各ブースとして設けられ、どのブースも賑わいを見せていました。 参加された方々がこのイベントを期に、自分の口の中のことに関心を持ち、 家族や大切な方のお口の中の健康に興味を持つきっかけになれたのではないかと 思います。  

平成29年度

6月4日(日)
歯っぴいスマイルフェスティバル in 西彼





 6月4日(日)に西海市の長崎バイオパークに おいて「歯っぴいスマイルフェスティバル in 西 彼」を開催しました。事前に各歯科医院に入場割 引券付きチラシを配布し、患者さんに自由にお持 ちかえりいただきました。  また昨年同様、長崎バイオパーク様のご厚意に より、入場料が半額となる割引チケットを西海市・ 長与町・時津町の全小学校に配布しました。  天候にも恵まれ、長崎バイオパークには昨年を 大きく上回る1,708名が来場されました。来場者 には、口や歯の健康に関わる5つの問題にラリー形式で挑戦する、クイズラリーの参加用紙を、入 場ゲート前で配布しました。  また合わせて本日のイベント内容について紹介 をしました。  その他にも、「歯科検診・無料歯科相談」「フッ 化物洗口体験」などさまざまなイベントが行われ ました。  クイズラリーでは、来場者が園内を巡りながら クイズを楽しめるように各5つの地点に設置した 口腔に関する問題の解答を、参加用紙に記入して いただき、出口付近にて、解答用紙と引き換えに、 歯ブラシとフロス、デンタルミラーをプレゼント しました。特にデンタルミラーは、小さなお子さ んを持つ、お母さまにたいへん好評で「これを使っ て仕上げ磨き頑張ります!」との嬉しい声も聞か れました。  イベントの中で、ひときわ盛り上がりを見せた のが、例年、素敵な景品の当たる「クイズバトル」 でした。これは口や歯の知識や健康などにちなん だ問題を出題し、参加者に Yes/No 形式でロープ に区切られた左右に分かれてもらい勝ち抜きを行 うゲームです。今年は参加者全員に参加賞も準備 されました。クイズは順調に進み最後まで勝ち残った、 10人弱の方々で決勝戦を行いました。決勝戦は 近似値クイズで、 問題は平成27年における、 全国の 歯科医院の数!正解の7万件弱に対して、 最も近い 数字を書きあてた、時津町在住の30歳女性の方が 見事優勝し、 商品の任天堂スイッチを Get しました。 今日は家族で遊びにきたとのことで喜びいっぱい の様子でした。決勝戦には多くの子どもたちも勝ち 残り、 クイズ大会は盛況のうちに幕を閉じました。  今年も例年同様、県歯科衛生士専門学校の2年 生と県歯科衛生士会にもお手伝いをいただきまし た。来場者それぞれのお口に合った歯ブラシを選 んで差し上げる「歯ブラシソムリエ」コーナー、 現在県下で推進をすすめている「フッ化物洗口」 を実際に体感していただくコーナー、問診などに よる歯科検診「生活歯援プログラム」コーナーな どが各ブースとして設けられ、どのブースも賑わ いを見せていました。  今年も多くのご家族、カップルの方々に、楽し んでいただくことができました。  参加された方々がこのイベントを機に、自分の 口の中のことに関心を持ち、家族や大切な方のお 口の中の健康に興味を持つきっかけになれたので はないかと思います。

平成28年度

6月5日(日)
歯っぴいスマイルフェスティバル in 西彼










 6月5日(日)に西海市の長崎バイオパークに おいて、「歯っぴいスマイルフェスティバル in 西 彼」を開催しました。事前に各歯科医院に入場割 引券付きチラシを配布し、患者さんに自由にお持 ちかえりいただきました。  また昨年同様、長崎バイオパーク様のご厚意に より、入場料が半額となる割引チケットを西海市・ 長与町・時津町の全小学校に配布しました。  今年から私たち西彼歯科医師会は、お揃いのポ ロシャツを作製しました。何とか歯っぴいスマイ ルフェスティバルに間に合うように作ってもらい ました。当日は全員着用でイベントを盛り上げま した。  午前中は雨が降り、午後はどうなるかと心配し ましたが、幸いに、天気もどうにかもちこたえま した。長崎バイオパークには昨年は1,100名を超 える方々がおこしになりました。来場者には、口 や歯の健康に関わる5つの問題にラリー形式で挑 戦する、クイズラリーの参加用紙を、入場ゲート 前で配布しました。  また合わせて本日のイベント内容について紹介 をしました。  その他にも、「歯科検診・無料歯科相談」「フッ 化物洗口体験」など、さまざまなイベントが行わ れました。  クイズラリーでは、来場者が園内を巡りながら クイズを楽しめるように各5つの地点に設置した 口腔に関する問題の解答を、参加用紙に記入して いただき、出口付近にて、解答用紙と引き換えに、 歯ブラシとフロス、デンタルミラーをプレゼント しました。特にデンタルミラーは、小さなお子さ んを持つ、お母さまにたいへん好評で「これを使っ て仕上げ磨き頑張ります!」との嬉しい声も聞か れました。  一昨年から始まったコーナー「カバといっしょ に歯磨きを学ぼう!」では飼育係の方が特大の歯 ブラシでカバのモモちゃんの歯磨きに挑戦!ま た、興味深く見学する子どもたちに一瀬地域保健 理事より正しい歯磨きの方法についての説明があ りました。ブラッシングを最初は嫌がるカバのモ モちゃんでしたが、飼育員さんのテクニックでな んとか歯磨きを無事に終えました。  午後1時30分からは、毎年、素敵な景品の当た る「クイズバトル」を行いました。  これは口や歯の健康にちなんだ問題を出題し、 参加者に Yes/No 形式で、ロープで区切られた 左右に分かれてもらい、勝ち抜きを行うゲームで す。 今年から司会進行は江頭先生と奥村先生が務め られました。司会が初めてとは思えない見事な掛 け合いでクイズ大会を盛り上げました。  今回のクイズは、参加された方々がかなり優秀 で、なかなか決着が出ませんでした。参加者の中 には、写真撮影をしていた私に、「答えがどっち かを教えて~」と聞いてくる小学生もいて、何と か3DSを勝ち取りたい必死な気持ちが伝わりま した。  結局、最後まで勝ち残った20人程度の方々で決 勝戦を行いました。最後に勝ち残ったのは長与町 在住の小学生の女の子でした。とても嬉しそうで した。見事、賞品の任天堂3DSをゲットです! よかったですね!!    今年も例年同様、20名の県歯科衛生士専門学校 の2年生と県歯科衛生士会の方々にもお手伝いを いただきました。来場者それぞれのお口に合った 歯ブラシを選んで差し上げる「歯ブラシソムリエ」 コーナー、現在県下で推進をすすめている「フッ 化物洗口」を実際に体感していただくコーナー、 問診等による歯科検診「生活歯援プログラム」コー ナー等が各ブースとして設けられ、どのブースも 賑わいを見せていました。  今年も多くのご家族、カップルの方々に、楽し んでいただくことができました。  参加された方々がこのイベントを期に、自分の 口の中のことに関心を持ち、家族や大切な方のお 口の中の健康に興味を持つきっかけになれたので はないかと思います。  今年の歯っぴいスマイルフェスティバルは、例 年以上に成功させようという意気込みでかなり前 から準備委員会を立ち上げました。準備委員の先 生方、そして地域保健委員の先生方を中心に多く の会員の先生にご参加いただきました。ありがと うございました。

平成27年度

6月7日(日)
歯っぴいスマイルフェスティバル in 西彼










 6月7日(日)に西海市の長崎バイオパークに おいて「歯っぴいスマイルフェスティバル in 西彼」 を開催しました。事前に各歯科医院に入場割引券 付きチラシを配布し、患者さんに自由にお持ちか えりいただきました。また昨年同様、長崎バイオ パーク様のご厚意により、入場料割引チケットを 西海市・長与町・時津町の全小学校に配布しまし た。
 当日は、雨が心配されましたが、幸いにも天気 ももちこたえ長崎バイオパークには1700名を超え る来客がありました。来客者には口や歯の健康に 関わる5つの問題にラリー形式で挑戦する、クイ ズラリーの参加用紙を配布し、合わせて本日のイ ベント内容について紹介をしました。また例年同 様にトップ賞にニンテンドー3DSが当たる「ク イズバトル」や、「歯科検診・無料相談」「フッ化 物洗口体験」等さまざまなイベントが行われまし た。
 クイズラリーでは、来客者が園内を巡りながら クイズを楽しめるように各地点に設置した、口腔 に関する問題の解答を参加用紙に記入していただ き、出口付近にて参加者全員に歯ブラシとフロス、 デンタルミラーをプレゼントしました。特にデン タルミラーは、小さなお子さんを持つお母さまに たいへん好評で「これを使って仕上げ磨き頑張り ます!」との嬉しい声も聞かれました。  イベントの中では、毎年、素敵な景品の当たる 「クイズバトル」が大盛況でした。これは口や歯 の健康にちなんだ問題を出題し、参加者に Yes/ No 形式でロープで区切られた左右に分かれても らい、勝ち抜きを行うゲームです。クイズは順調 に進み、最後まで勝ち残った10名程度の方々で決 勝戦を行いました。問題は、バイオパークにちな んでゾウの歯の本数について。正解の4本に対し てもっとも答えの近かったのは6本と回答した時 津町在住の20代女性。今日はご家族で遊びに来た とのことでした。賞品のニンテンドー3DSを手 に「びっくりしました!」と喜びいっぱいでした。 司会進行は西先生と音山先生が務められ、見事な 掛け合いでクイズ大会を盛り上げました。
 昨年から始まったコーナー「カバといっしょに 歯磨きを学ぼう!」では飼育係の方が特大の歯ブ ラシでカバのモモちゃんの歯磨きに挑戦!また、 興味深く見学する子どもたちに一瀬地域保健理事 より正しい歯磨きの方法についての説明がありま した。カバのモモちゃんもなんとか歯磨きを無事 に終えました。  今年も例年同様、20名の県歯科衛生士専門学校 の2年生と県歯科衛生士会の方にもお手伝いをい ただきました。来客者それぞれのお口に合った歯 ブラシを選んで差し上げる「歯ブラシソムリエ」 コーナー、現在県下で推進をすすめている「フッ 化物洗口」を実際に体感していただくコーナー、 問診などによる歯科健診「生活歯援プログラム」 コーナーなどが各ブースとして設けられ、どの ブースも賑わいを見せていました。
 今年のフェスティバルも多くの親子連れに、楽 しんでいただくことができました。参加する子ど もたちがこの時期から口の中のことに関心を持 ち、子どもを持つ親たちもまた、自分やわが子の 口の中の健康に興味を持つことが、今回のイベン トでそのきっかけとなり、家庭や地域の中で積極 的にお口の健康について考える機会が今後ますま す増えることを願いたいものです。今年もこのイ ベントに地域保健委員の先生を中心に多くの会員 の先生にご参加いただきました。ありがとうござ いました。

平成26年度

6月8日(日)
歯っぴいスマイルフェスティバル in 西彼







 平成26年6月8日に西海市の長崎バイオパーク において「歯っぴいスマイルフェスティバル in 西彼」を開催しました。事前に各歯科医院に割引 券付きチラシを配布し、患者さんに自由にお持ち 帰りいただきました。また本年度より長崎バイオ パーク様のご厚意により、入場料の半額券を西海 市・長与町・時津町の全小学生に配布しました。  当日は朝から、絶好の梅雨晴れとなり長崎バイ オパークには約1,600名の来客がありました。来 客者には、口や歯の健康にかかわる問題で構成さ れる、クイズラリーの参加用紙を配り、合わせて 本日のイベント内容についても紹介をしました。 また、例年同様にニンテンドー 3 DSが当たる「ク イズバトル」や、「歯科検診・無料相談」「フッ化 物洗口体験」等さまざまなイベントが行われまし た。
 クイズラリーではバイオパーク内の各地点に設 置した口腔に関する問題の回答を、参加用紙に記 入していただき、出口付近にて参加者全員に歯ブ ラシのプレゼントを行いました。  イベントの中では、毎年、素敵な景品が当た る「クイズバトル」が大盛況でした。これは、口 や歯の健康にちなんだ問題を出題し、参加者に Yes/No 形式でロープで区切られた左右に分か れてもらい、勝ち抜きを行うゲームです。クイズ ゲームは順調に進み、最後まで勝ち抜いた4人の お子さんたちで決勝戦が行われました。決勝戦で は近似値クイズで順位を決定しました。問題は 現在の8020運動達成者のパーセンテージ。正解の 38.3%に対して見事35%と言い当てた、長与町在 住の小学4年生の男子が1位に輝きニンテンドー 3 DSを GET しました。おめでとうございます。 司会進行はこれまた例年通り西先生と音山先生が 務められ、見事な掛け合いでクイズ大会を盛り上 げました。
 また、今年からの目玉コーナーとして「カバと いっしょに歯みがきを学ぼう!」と題し特大歯ブ ラシで歯をみがいてもらうカバの横で、一瀬地域 保健理事が大きな顎 模型を使って正しい 歯磨きの方法につい て説明するという企 画が行われ、こちら も小さな子どもたち に大好評でした。  今回も例年同様、 20名の県歯科衛生士専門学校の2年生と県歯科衛 生士会の会員衛生士の方にもお手伝いをいただき ました。来客者それぞれのお口に合った歯ブラシ を選んで差し上げる「歯ブラシソムリエ」コー ナー、問診等による歯科健診「生活歯援プログラ ム」コーナー、現在、県下で推進をすすめている 「フッ化物洗口」を実際に体感していただくコー ナー、歯科医師による「歯の無料相談」コーナー が各ブースとして設けられ、すべてのブースが賑 わいを見せていました。
 今年の西彼のフェスティバルも参加者の多くが 親子づれであったことを例年のことながら嬉しく 思います。参加する子どもたちがこの時期から口 の中のことに関心を持ち、子どもを持つ親たちも また、自分やわが子の口の中の健康に興味を持つ。 今回のイベントがそのきっかけとなり、家庭や地 域の中で積極的にお口の健康について考える機会 が今後ますます増えるといいなと思います。
 今年もこのイベントに地域保健委員会の先生方 を中心に、多くの西彼歯科医師会会員のご参加を いただきました。本当にありがとうございました。

平成25年度

6月9日(日)
歯っぴいスマイルフェスティバル in 西彼







 6月9日(日)に長崎バイオパークにおいて 「歯っぴいスマイルフェスティバル in 西彼」を開 催しました。事前に各歯科医院にバイオパークの 入場割引券付きチラシを配布し、患者に配布して もらいました。西海市、時津町、長与町の小学校 の児童にはあらかじめ無料入場券が配布されまし た。
 当日は朝からの雨模様のあいにくの天候のなか それでも約900名の方に来場をいただきました。 そんな中、例年同様、素敵な景品がもらえるバイ オパークにちなんでの「どうぶつクイズ大会」 「クイズラリー」「歯科健診・相談・フッ化物塗布」 など、さまざまなイベントを行いました。地域保 健委員の先生方を中心に、多くの先生方にもお集 まりいただき、それぞれの持ち場を担当いただき ました。
 イベントの中では、毎年、素敵な景品があたる 「どうぶつクイズ大会」が大盛況でした。これは、 動物にちなんだ問題を出題し、参加者に Yes, No 形式で、ロープで区切られた左右に分かれてもら い、勝ち抜きを行うゲームです。今年の1等賞は 任天堂DS!!はるばる福岡からやってきたとい う小学生が GET しました。おめでとうございま す。司会進行は地域保健委員会の西先生と音山先 生。いつもながらの名(迷?)司会ぶりに会場も 一段と盛り上がりをみせました。また、歯科衛生 士専門学校の2年生にお手伝いに来てもらいまし た。司会進行を手伝ってもらったり、景品を配っ ていただいたりと大活躍でした。
 このほか、5つの問題にラリー形式で挑戦する クイズラリーもたくさんのちびっこ達に参加して もらいました。また歯科医師によるお口の無料相 談コーナーが設けられ、こちらも多くの方の相談 を受けていました。
 西彼のフェスティバルはバイオパークで例年行 われるためか、毎年多くの子どもたちが参加して くれるのでたいへん嬉しく思います。子どもたち 一人一人がこの時期から、口の中のことに関心を もち、また子どもを持つ親たちもまた、自分や自 分の子どもたちの口の中の健康に興味を持つ。今 回のようなイベントに参加してもらうことによ り、一層お口の健康に対して興味や知識を深めて もらい、家庭や地域の中で、積極的にお口の健康 維持に努めていただくためのきっかけが生まれる といいなと思います。

平成24年度

6月3日(日)
歯っぴいスマイルフェスティバル in 西彼











 6月3日(日)、長崎バイオパークにおいて「歯っ ぴいスマイルフェスティバル in 西彼」を開催しま した。事前に各歯科医院に割引券付きチラシを配布し、患者に配布してもらいました。西海市、時 津町、長与町の小学校に通っている児童には割引 券ではなく、無料入場券が配布されました。昨年 は雨に見舞われましたが、本年は天気に恵まれ約1,900名の来園がありました。
 当日は地域保健委員の先生方は午前7時30分に 集合し、他の会員の先生方は委員会毎に5つのグ ループに分け午前担当と午後担当に分かれましたので午前担当の先生方は午前9時までに集合し、 先ず地域保健の西理事による挨拶及び説明が行わ れ、清水会長の「今日一日頑張りましょう」との 挨拶の後、各自持ち場へと移動しました。今年は西海市内の全小学校の運動会と日程が重なりまし たので、バイオパークからの提案により、アニメ キャラクターショーを企画しました。本年度は、 昨年同様、YES・NOクイズ、クイズラリー、歯 科相談、フッ素洗口体験に加え歯ブラシソムリエ のコーナーを新たに企画いたしました。
 朝9時の開園と同時に予想外の大阪からの修学旅行生の300人が来園し、担当の先生方は大忙し 状態でした。毎年恒例のどうぶつクイズ大会と クイズバトルの前に今年のアニメキャラクター ショーとしてケロロ軍曹がやってきました。1回目は午前11時~ 12時、2回目は午後1時~1時30分にアンデス 広場にてケロロ軍 曹との写真撮影会 を行いました。写 真撮影時、恥ずか しそうにポーズを取っている子もい れば、ケロロ軍曹と同じく敬礼のポーズをしっか りしている子もいました。西彼歯科医師会のタン ギーも加勢に来てくれてケロロ軍曹とツーショットも撮れて喜んでいる子もいました。
 午後0時からはアンデス広場にてどうぶつクイ ズ大会が去年と同じく長崎大学教育学部非常勤講 師の松尾公則先生をお招きし行われました。このクイズは松尾先生が出したどうぶつに関する問題 で YES・NO 方式の勝ち残り戦を行い、残り10人 ぐらいになったら壇上に上がってもらい「世界の カブト・クワガタ展に展示しているカブトムシと クワガタムシの種類は?」の近似値クイズを行い近い順に順位を決め、1位の人から順番に壇上の 好きな景品をもらえるわけです。敗者復活戦も有 り、クイズの1問目で脱落した人も最後まで残っ ていて景品を手にした人もいました。
 最後にクイズバトルですが、午後1時30分より アンデス広場にてどうぶつクイズと同様 YES・NO 方式の勝ち残り戦を行いました。壇上には歯科衛生士学校の学生にも手伝ってもらい、一瀬先生と 西先生の司会により進行しました。問題は歯科に 関する問題を出していますが、去年は皆さんのデ ンタルI Q が高かったのか、脱落者があまり出ず に去年の司会者の音山先生が焦りながらアドリブ で問題を出しながら進行した為、今年は最初の方 から少し難しい問題を出して人数を減らそうとし
ました。するとなんと言うことか、いきなり最初 の問題で、「象の長い牙は、人間でいう犬歯(糸 切り歯)が長くなったものではない」で約10人位 に絞られました。その約10人に壇上に上がってもらい、「時津町、長与町の保育園、幼稚園、小学校、 中学校、高校でフッ素洗口をしている施設の数 は?」の近似値クイズを行いました。今年のピタ リ賞はありませんでしたが、実際は1施設のところ2と書いてくれた若い女性にあたりました。そ こで西先生が若い女性と話がしたいとの事で「ど こから来ましたか?」の質問だけをしていました。 去年は小学生の子供に当たりましたが、優勝賞品がニンテンドー3D S の為、今年も大人から子供 まで必死にクイズに参加していました。
 他のイベントとして5つの問題に挑戦するクイ ズラリーや歯の無料相談コーナー、今年初めての試みの歯ブラシソムリエのコーナーにもたくさん の人に参加して頂き無事終了しました。

西彼歯科医師会

〒851-2127
西彼杵郡長与町高田郷60-1
とくひさ歯科内

TEL 095(840)6514