長崎県歯科医師会

長崎県歯科医師会は、医道の高揚、歯科医学の進歩発展及び公衆衛生の普及向上を図り、
社会福祉の増進に努力いたします。「8020ながさき」
〒852-8104長崎市茂里町3番19号 TEL095-848-5311

「歯っぴい龍」って?

ホーム歯の学校歯の歴史博物館 ≫ 山本玄仙の「口中之薬之事」

山本玄仙の「口中之薬之事」


山本玄仙の「口中之薬之事」

=シーボルト前後・中西啓著より=
黄丹散  一切口中の瘡に吉。
 白ハン・黄丹・黒梅・人中白・ホウシャ・片悩
 此六味は、極末にして口中に擦り塗る。
黄栢散  口舌に生じた瘡、咽喉の腫痛に吉。
 ホウシャ・馬牙硝・活石・寒水石・白ハン・片悩・黄栢・吉茶
 此八味は、等分の極末にして口中・舌に擦り塗る。龍悩散  喉卑腫痛時に、切破り血を出し、その跡に付ける。
 龍悩・青塩・自ハン・ホウシャ・ヨクイニン・吉更 辰砂
 此七味の等分の極末を用いる。
薬名不詳 咽喉の洗薬で、口中の百病に洗って効く。その後、粉薬を付ける
 柘樹皮・黄栢・吉更・青塩・已硝・土竜・詞子・黄連・ハキノ木・アカザ・象牙
 此十一味は、粉末にして煎じ、細々沈って吉。
咽喉散  口中の腫れ物に付けて吉。百病が治ること神の如し。
 兵郎子・冬葵子・黄栢・龍悩・乳香・黒梅 此は極末にして用いる。
茄子帯散 大人・小児の歯学の薬。下を能く洗い浄めてこの薬を付ける
 ナスピノへタ・軽粉・白ハン・龍悩・乳香
 此五味は、極末にして用いる。能く能く工夫して用ゆべきものなり。