長崎県歯科医師会

長崎県歯科医師会は、医道の高揚、歯科医学の進歩発展及び公衆衛生の普及向上を図り、
社会福祉の増進に努力いたします。「8020ながさき」
〒852-8104長崎市茂里町3番19号 TEL095-848-5311

「歯っぴい龍」って?

ホーム歯の学校歯の歴史博物館 ≫ 医学De Medicina

医学De Medicina

医学De Medicina

 当時医師が使った外科器具について詳細に述べ、それらのなかに鉗子類や外科鈎Tenaculumと呼ばれる歯根を抜くための特殊な器具も含めていました。
 「歯痛はあらゆる苦痛のなかで最悪なもの。」と述べています。そしてこれは温罨法、洗口剤、蒸気を当てる、下剤、緩下剤その他多くの種類の薬で治療されるとしています。「齲蝕歯は決して抜き急いではいけない。もしどうしても抜かなければならない場合には、鉗子の嘴をあてがったときに歯冠が割れてしまわないように綿撒糸か鉛をつめる。」ように指示を与えています。
 彼はまた、口腔衛生の必要性を説き、「歯についた黒い沈着物をかき落としてから、バラの葉の粉末、五倍子、没薬の三者の混合物で歯をよくこすり、そのあと純ブドウ酒で口をよく嗽ぐとよい。」と教えました。